Share:

グローバル・ケイパビリティセンター(GCC) – インドをグローバルR&Dの発祥地へ

18/12/2020
インドは2000年代初頭、ITアウトソーシング及びオフショア市場として急成長を迎えました。
インドは2000年代初頭、ITアウトソーシング及びオフショア市場として急成長を迎えました。しかしこれに留まらずその後のサービスセクターの変革と、グローバル産業の価値創造及びイノベーション・エンジンは目覚ましい飛躍を遂げています。

オペレーショナル・エクセレンス、プロダクトイノベーション、コストの最適化は、テック、金融、コンサルティングセグメントを主とした世界のオフショア産業において、インドの優位性を維持するための新たな要素となっています。あらゆる分野においてR&Dケイパビリティを備えた優秀で、豊富な労働力の活用を試みる多くのグローバル企業が注目しています。こうしたことが、グローバル・ケイパビリティセンター(GCC)の主要拠点としてインドが選ばれる重要なポイントとなっています。

このレポートではインドのGCC産業において、発展の歴史、主要ドライバー、グローバル企業の戦略的イノベーションの推進方法を考察します。また、GCCエコシステムの中核となるインドの主要都市を分析し、特定の産業と都市によるシナジー効果を可視化しています。

レポートのダウンロードはこちら(英語のみ) External Link
Global Capability Centres - Making India the Cradle of Global R&D Global Capability Centres - Making India the Cradle of Global R&D