最近のニュース

Retail MarketBeat Q1 2020 Japan
20​​​​​​20 年 第2四半期 日本リテール「マーケットビート」レポート発行

グローバル不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町)は、2020年第2四半期不動産市場レポート「日本リテール ・マーケットビート」を発行しました。このレポートは、四半期ごとに市場のパターンを分析しながら、来期の市場パフォーマンスを予測しています。主な調査結果は次の通りです。

Yuko Okayasu • 20/07/2020

Office Leasing Opportunities Available at New Office Development in Sapporo
JR札幌駅北口で開発中の賃貸オフィスビル、2021年6月に竣工予定(約4,000坪)

グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町、C&W)は北海道札幌市に開発中の賃貸オフィスビルで、テナント企業を誘致するリーシング・マネージメント業務を新たに受託しました。「(仮)京阪北10⻄3南オフィス計画」は、地上9階、地下1階建で延床面積約4,000坪の規模となり、2021年6月末に竣工予定です。

Isao Matsukawa • 15/07/2020

Covid-19 impact on Tokyo office market
オフィス: サテライト&付帯機能充実で プラットフォームの再構築必要に

メディア掲載
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの知見がメディアに掲載されました。
右のリンクより閲覧頂けます。

「オフィス サテライト&付帯機能充実で
プラットフォームの再構築必要に
鈴木英晃氏、種田充博氏
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドに聞く」

出典:「月刊プロパティマネジメント 」 2020年7月号  総合ユニコム株式会社

 

Hideaki Suzuki • 14/07/2020

manufacturing risk index 2020
中国が世界トップの生産拠点としての地位を維持 | 操業条件やコスト競争力の面で未だ優位に

グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町、C&W)は、「グローバル製造業リスクインデックス(MRI)」レポートを発行いたしました。同レポートは欧州、米州、アジア太平洋地域の48カ国の中でグローバルな製造業に最も適した立地先を毎年ランキングしており、中国は、操業条件とコスト競争力の観点から、世界的に最も魅力的な製造業ハブであり続けていると評価しています。

Yuko Okayasu • 3/07/2020

IWD - books to Jakarta
C&W、アジア太平洋の子どもたちに児童書を寄贈

グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町、C&W)は、本日子ども向けの本をアジア財団へ寄贈しました。今年3月の国際女性デーを祝う一環として、C&Wはアジア太平洋地域でアジア財団とパートナーを組み、社員が各自お気に入りの英語の児童書を購入して寄付したものです。

Yuko Okayasu • 30/06/2020

IWD - books to Jakarta
C&W、アジア太平洋の子どもたちに児童書を寄贈

グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町、C&W)は、本日子ども向けの本をアジア財団へ寄贈しました。今年3月の国際女性デーを祝う一環として、C&Wはアジア太平洋地域でアジア財団とパートナーを組み、社員が各自お気に入りの英語の児童書を購入して寄付したものです。

Yuko Okayasu • 30/06/2020

Cushman & Wakefield Research Predicts New Normal for Workplace
C&W、調査レポート、ワークプレイスの新常態を示唆(日本語版あり)

在宅勤務に関するグローバル調査、今後はワークプレイスの定義が「単一の職場」から「オフィス・自宅・サードプレイスで構成されるエコシステム」へと移行する可能性を示す。

 

Yuko Okayasu • 17/06/2020

Global Building Re-entry Guide with trade organization and local government to offer practical perspective on a safe workplace re-entry
万科C&W、中国のビル管理におけるCOVID-19復旧ガイドラインを発行

万科サービス | クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、英国王立チャータード・サベイヤーズ協会(RICS)と上海陸家嘴金融貿易区開発と共に、「ビル管理におけるCOVID-19復旧ガイドライン:中国でのプラクティス」を発行致しました。同ガイドは、中国でのパンデミックとの闘いにおける実際の現場経験を元にした復旧ノウハウを記載したものです。世界中の民間および公的機関が安全な再建のプロセスを戦略的に管理する方法を示すための実践的な手順を示すことを目的としています。


 

Yuko Okayasu • 8/06/2020

Six Feet Office Japan
C&W、日本オフィスで「6フィートオフィス」の導入テストを決定、オフィス再開に向けた準備を開始

グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町、C&W)は、緊急事態宣言後の同社日本法人のオフィス復帰へ向けて、「6フィートオフィス」の導入テストを開始することを決定いたしました。またC&Wは日本において、顧客に対して同コンセプトを採用したオフィス復帰に関するコンサルティングを提供しており、緊急事態宣言解除後に順次、従業員のオフィス復帰を始める企業を支援していきます。

Odysseus Markezinis • 22/05/2020

主なプレスリリース

apac-outlook-report-2020
A Challenging 2020 Ahead But Greater Opportunities for Occupiers

Cushman & Wakefield has released their APAC Office Report: Outlook 2020, which has indicated greater opportunities for occupiers despite a challenging 2020 ahead resulting from the COVID-19 outbreak.

James Shepherd • 24/03/2020

generic-building
Investors Remain Positive on Mainland China’s Long-term Growth

Cushman & Wakefield’s 2020 Mainland China Commercial Real Estate Investor Intentions Survey report demonstrates strong investor confidence in the mainland China market, despite the Covid-19 outbreak.

James Shepherd • 19/03/2020

グローバルプレスリリース

corporate-social-responsibility
Cushman & Wakefield Releases 2018 Corporate Social Responsibility Report

Cushman & Wakefield released its annual Corporate Social Responsibility (CSR) Report covering the firm’s global operations during fiscal year 2018.

Grace Wilk • 20/08/2019

関連インサイト

Covid-19, China
Research • Forecast / Outlook

COVID-19の先に:中国のテレワーク動向とオフィスの職場戦略への影響

中国国内での感染が減少していることから、中国はビジネスが復帰しつつあります。各地オフィスに電気が点されるとともに、ビルオーナーやテナントは新たなパラダイム・シフトを経験しはじめています。それは財政難のテナントにとっては、リモートワーク導入の成功度合い、そもそものオフィススペースの存在価値の見直し、そして危機の際にビルオーナーがどの程度テナントを支援したかを改めて評価する動きです。ビルオーナーにとっては、テナントとの関係を維持することと、賃料収入の持続可能性のバランスをいかにして取るかを綱渡りすることを意味します。
Shaun Brodie • 24/03/2020
Policy Watch Tokyo Report 2020
Article • Insights

Policy Watch Tokyo: April 10

COVID-19 first spread out in China and suspended economic activities of the nation. Having a close economic relationship with China, Japan industries are gradually affected by the outbreak. Government of Japan released the first economic stimulus package in mid-February. As local outbreak happens and situation worsening, government has proposed different measures to contain the spread and secure economy.
Hideaki Suzuki • 10/04/2020
prime retail 2018
Research • Investment

プライム・リテール・マーケット・アクロス・ジャパン

日本の目抜き通りリテール市場に関するレポート「プライム・リテール・マーケット・アクロス・ジャパン:ミレニアル世代とインバウンドに向けた路面戦略の変化」を発行しました。本レポートでは、賃料ランキングに焦点を当てながら、新たな消費世代と増加したインバウンド観光客に対応すべくリテール市場が変革を続けていることが再確認されました。
Hideaki Suzuki • 26/09/2018

ソーシャルメディア