最近のニュース

LF Nara
C&W、奈良で大規模物流施設の開発用地を取得

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、グループ傘下のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメント株式会社が奈良中央ファシリティ合同会社と奈良中央ファシリティ2合同会社を通じて、奈良県生駒郡安堵町で大規模な物流施設の開発用地を取得したと発表しました。

Yuko Okayasu • 9/10/2020

C&W、2020年グローバルオフィス・インパクト調査を発表

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、初のグローバルオフィス・インパクト調査を発表しました。同調査によると、世界のオフィス賃貸市場のファンダメンタルズは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による不況と在宅勤務のトレンドの影響を大きく受けるものの、最終的には2022年に改善し始め、2~3年後には完全に回復することが示唆されました。

Yuko Okayasu • 30/09/2020

Euromoney Jp 2020
C&W、ユーロマネー誌「リアルエステートサーベイ2020」で日本最優秀賞を受賞

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、イギリスの金融専門誌ユーロマネーが実施した「リアルエステートサーベイ2020」において、「アドバイザー&コンサルタント」と「リサーチ」部門で日本最優秀賞を受賞しました。

Yuko Okayasu • 16/09/2020

cardboard weekly economist sept2020
メディア掲載 | 週刊エコノミスト(2020年9月1日号)

メディア掲載

新型コロナウイルス感染症拡大が不動産に及ぼす影響を特集した号の中で、C&Wが海外の主要市場について寄稿いたしました。

右のリンクより寄稿記事全体を閲覧頂けます。

海外 米国で加速する郊外オフィス 外資系企業は香港から脱出

出典:「週刊エコノミスト」 2020年9月1日号 、毎日新聞出版株式会社

Hideaki Suzuki • 2/09/2020

Uncertainty Stymies Office Space Demand as Regional Net Absorption
不確実性がオフィス市場に影、アジア太平洋地域のオフィス需要は2020年第1四半期の1千万SFから2020年第2四半期には690万SFへと大幅に軟化

グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町、C&W)が発行したアジア太平洋地域の市場レポート「Reclaim 2020 (2020年を巻き返す)」によると、地域のグレードAオフィスの需要は前四半期比で45%減少しているものの、未だにプラス圏で推移していることが明らかになりました。地域のネットアブソープションは減少し続け、テナント企業によってコストの抑制と資金維持が今後も重要な優先事項となっています。

Yuko Okayasu • 2/09/2020

Reclaim 2020 H2
投資額が前年同期比27%減少するも、価格は比較的安定し、ディストレス資産は限定的か

グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町、C&W)が発行したアジア太平洋地域の最新市場レポート「Reclaim 2020 (2020年を巻き返す)」によると、投資市場における取引活動は、ディストレスの兆候は限定的ではありましたが、それでもトレンドを下回る取引水準にとどまる見通しです。2020年下半期には改善が予想されます。

Yuko Okayasu • 21/08/2020

Q2 2020 Office MarketBeat
20​​​​​​20年 第2四半期 日本オフィス「マーケットビート」レポート発行

グローバル不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町)は、2020年第2四半期不動産市場レポート「日本オフィス・マーケットビート」を発行しました。このレポートは、四半期ごとに市場のパターンを分析しながら、来期の市場パフォーマンスを予測しています。主な調査結果は次の通りです。

Yuko Okayasu • 7/08/2020

Cushman & Wakefield Named A Best Employer For Women By Forbes
Retail MarketBeat Q1 2020 Japan
20​​​​​​20 年 第2四半期 日本リテール「マーケットビート」レポート発行

グローバル不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町)は、2020年第2四半期不動産市場レポート「日本リテール ・マーケットビート」を発行しました。このレポートは、四半期ごとに市場のパターンを分析しながら、来期の市場パフォーマンスを予測しています。主な調査結果は次の通りです。

Yuko Okayasu • 20/07/2020

主なプレスリリース

Sydney Opera House - source shutterstock
Cushman & Wakefield Australia Named Top Agency in Euromoney 2020 Real Estate Survey

Cushman & Wakefield (NYSE: CWK) announced today that the firm was named the world’s top commercial real estate advisor and consultant for the third consecutive year by Euromoney’s 2020 Real Estate Survey. Globally, the firm also garnered top spots for Property Valuation and Research for the third consecutive year, and No. 1 in Agency Letting/Sales for second consecutive year. The firm also claimed the No. 1 spot for Investment Managers.

James Patterson • 14/09/2020

APAC Investment Volumes Down by 27 per cent year-on-year
APAC Investment Volumes Down by 27 per cent year-on-year, But Pricing Remains Relatively Stable with Limited Signs of Distress

Rapid improvements in sentiment and investment appetite seen in key Asian markets since H1.

Geraldine Cheong • 19/08/2020

MRI 2020 (image)
China retains its top manufacturing hub position globally in terms of operating conditions and cost competitiveness

In its annual ranking of the most suitable locations for global manufacturing among 48 countries in Europe, the Americas and Asia Pacific, Cushman & Wakefield has assessed that China remains the most attractive manufacturing hub globally from an operating conditions and cost competitiveness perspective.

Chek Yee Foo • 1/07/2020

generic-building
Investors Remain Positive on Mainland China’s Long-term Growth

Cushman & Wakefield’s 2020 Mainland China Commercial Real Estate Investor Intentions Survey report demonstrates strong investor confidence in the mainland China market, despite the Covid-19 outbreak.

James Shepherd • 19/03/2020

singapore-skyline
A Challenging 2020 Ahead in APAC Office Markets But Greater Opportunities for Some Occupiers

Markets with limited supply, such as Singapore, Taipei and Ho Chi Minh City will be less severely impacted from the outbreak

Geraldine Cheong • 24/03/2020

apac-outlook-report-2020
A Challenging 2020 Ahead But Greater Opportunities for Occupiers

Cushman & Wakefield has released their APAC Office Report: Outlook 2020, which has indicated greater opportunities for occupiers despite a challenging 2020 ahead resulting from the COVID-19 outbreak.

James Shepherd • 24/03/2020

investment
Cushman & Wakefield Study Shows the Impact of Demographic Shifts on the Global Workplace by 2030

The retirement of Baby Boomers and the debut of Generation Z workers, along with other demographic shifts, have major implications for real estate occupiers, investors and policy-makers around the world, according to a new global research report from Cushman & Wakefield (NYSE: CWK). All stakeholders need to understand the impact of these trends and how to position themselves to maximize opportunities.

Geraldine Cheong • 8/01/2020

generic-building
Niche No More? Cushman & Wakefield Ranks 38 Global Data Center Markets

Singapore Market Ranks #6 Due to Low Environmental Risk and Presence of Most Major Global Colocation Operators

Geraldine Cheong • 21/01/2020

グローバルプレスリリース

Pedro Vasquez
Cushman & Wakefield Hires Pedro Vasquez as Global Executive Account Director

Cushman & Wakefield announced the appointment of Pedro Vasquez to its Global Occupier Services business as Global Executive Account Director.

20/10/2020

Pedro Vasquez
Cushman & Wakefield Hires Pedro Vasquez as Global Executive Account Director

Cushman & Wakefield announced the appointment of Pedro Vasquez to its Global Occupier Services business as Global Executive Account Director.

20/10/2020

その他のニュース
C&Wのニュースがすべて読めます。
すべて表示する
 

関連インサイト

main streets
Insights • Topical Report

Main Streets Across The World 2017

Hideaki Suzuki • 15/11/2017
office
Research • Investimento

人口・産業の構造変化と共に進化するワークプレイス:新型コロナウイルスにより問われるオフィスのあり方

不動産の需給環境は産業革命とともに変化してきた。 第一次産業革命では主に蒸気機関を原動力とする軽工業中心の発展に加え、蒸気機関車や蒸気船の発明による輸送手段の改革も進んだ。
Erika Watanabe • 15/05/2020
Accelerator Of Macro Trends
Research • Previsão

マクロの潮流を加速させるもの

新型コロナウイルスと都市封鎖によって引き起こされたものの多くは、実は以前からトレンドとしてすでに存在していました。今回のパンデミックは、Eコマースの急速な成長、オフィスワーカーによるフルタイムでの在宅勤務への移行、データセンターの活況をさらに加速させています。

Kevin Thorpe • 17/06/2020

ソーシャルメディア