Share:
Tenant Representation Tenant Representation

サービス

テナントアドバイザリーグループ

現在および将来におけるビジネス戦略に、不動産を十分活用されていますか?

お客様のご希望がポートフォリオの合理化、賃料見直し、あるいは事業所移転のいずれであっても、適切な物件アドバイスを適切な人々から得ることは大きいな違いを生みます。

C&Wはお客様と連携し、その不動産戦略がビジネスニーズを満たし、従業員のモチベーション向上とポジティブな顧客体験を生み出し、効率よく運営されるよう徹底します。

C&Wは以下のサービスをお客様に提供します:

  • 学際的な視点。 C&Wの専門知識は店舗から事務所・生産施設にまで広範囲にわたり、ありとあらゆる事業用賃貸借を取り扱っています。物件検索や賃貸借条件交渉からマーケティングアドバイス、契約更新まで、私たちはお客様が一歩先んじることができるようお手伝いします。
  • カスタムアプローチ。 C&Wはお客様の目的や要望、それに伴う機会やリスクをより深く知るため、お客様の声にしっかり耳を傾けます。そして、市場知識と世界クラスのリソースを活用してお客様それぞれの目標に沿った戦略作りをし、お客様にとって最高の結果を導きます。

お客様のビジネスとポートフォリオの次の課題 “WHAT’S NEXT” は何ですか? ぜひ不動産戦略についてご相談ください。

関連サービス

ジャパンデスク
ジャパンデスクは、日本企業のグローバルなスケールでの拠点設立をお手伝いします。現地の商慣習に関する確かな知識を持つ担当者が、クロスボーダー・プロジェクトを率いて、市場調査、コンサルティング、購入、売却、賃貸借およびポートフォリオ管理などを通じ、さまざまな日本企業の不動産ニーズをグローバルに支援しています。
詳しくはこちら
トランザクションマネジメント
物件の賃貸借、購入および売却を管理することで、お客様の組織の長期戦略にかなう最良の経済的効果を導きます。
詳しくはこちら
コンサルティング
事業用不動産における次の取り組み “WHAT’S NEXT” に備えていますか? C&Wのコンサルタントはワークプレイス戦略・チェンジマネジメント・立地&労働力分析およびポートフォリオ戦略などを含む、お客様の幅広いビジネス課題への取り組みをお手伝いできます。
詳しくはこちら

関連インサイト

Key Economic Indicators Q2 2020
Research • Insights

日本:主要経済インディケーター 2020年第二四半期

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、「主要経済インディケーター」を発行いたしました。GDP成長率は二期連続のマイナスとなり、国際的にはテクニカル・リセッションとみなされる状況となりました。新型コロナウイルス感染拡大防止により世界全域で人とモノが動かない状況が続き、マクロ環境は全面的に前年比が悪化するものの、想定よりは小さな落ち込みに留まっています。

Erika Watanabe • 1/06/2020
House View (image)
Research • Economy

【ウェビナー】グローバル不動産市場に与えるコロナウイルスの影響とは

新型コロナウイルス(COVID-19)の「速さ・長さ・深刻さ」。それら全てが、不動産市場への影響を考える際に重要です。C&Wではグローバル不動産市場における影響をセクター毎に、そして地域毎に分析を行っています。
Kevin Thorpe • 20/05/2020
Fund Review Article April 2020
Research • Investment

COVID-19がアジア太平洋地域のオフィス市場に与える影響

 これほどまでに不動産市場のグローバル化を気付かせるイベントはないだろう。米中貿易戦争の第1段階合意がなされると同時に、アジア太平洋地域(APAC)はCOVID-19発生による経済的な影響を経験した最初の地域となった。
Hideaki Suzuki • 7/04/2020

お探しの情報が見つかりませんか。

当社のプロフェッショナルにご相談ください。