Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on LinkedIn I recommend visiting cushmanwakefield.com to read:%0A%0A {0} %0A%0A {1}

APACデータセンター市場動向

Kevin Imboden • 18/10/2021
Data-Center-Update_web-banner
 

米国や中国を本社とする超大型の運営業者のアジア太平洋地域に所在するデータセンターへの需要は拡大しており、新たな企業も生まれつつあります。さらに、政治、規制、開発の要件が各地域で異なるにもかかわらず、アジア全域をカ網羅するデータセンターのポートフォリオを持つプレイヤーも散見され始めました。データセンター業界の成長率は力強く、建物の将来的なサステナビリティを維持するという面でも、さらなる進展を見せています。
詳細について、レポートは こちらからダウンロードいただけます。

ウェビナー「アジア太平洋地域におけるデータセンターのWhat’s Next」のリプレイを見る 

 

このウェビナーでは、当社エキスパートが以下の課題を説明しています。 

  • 世界およびアジア太平洋地域のデータセンター産業動向
  • シンガポール、シドニー、東京、香港の4つの主要市場動向
  • アジア太平洋地域で拡大するセカンダリーマーケット


近年、大企業や公的機関がクラウドへの移行やITの変革を進める中、アジア太平洋地域もここ数カ月で目覚ましい成長を続けています。同地域では用地の取得がますます難しくなっている一方で、多層階型のデータセンターの建設も活発化しつつあり、より効率的な施設の運用を目指す動きが世界各地に広がりつつあります。

 
What's Next for Data Centres Across Asia Pacific What's Next for Data Centres Across Asia Pacific

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドでは、トラフィックの分析および本ウェブサイト上でベストの体験をお客様に提供するためクッキーを使用します。このダイアログを閉じ、お客様の同意を確認されるか、詳細については次のページを訪れてください:
クッキー通知

その他のオプション
同意する
これらのクッキーにより、当社のウェブサイトが期待通りに動作することが保証されます。例えば、ウェブサイトのトラフィック負荷を当社のサーバー間で分散し、使用量が特に多いときにウェブサイトがクラッシュしないようにします。
これらのクッキーは、お客様が行った選択(ユーザー名、言語、居住地域など)をウェブサイトに記憶させ、より充実した機能を提供するためのものです。これらのクッキーは、広告に使用される可能性のあるお客様の情報を収集したり、お客様がインターネット上でどこにいたかを記憶したりすることはありません。
これらのクッキーは、当社がマーケティングパートナーと協力して、お客様が当社のウェブサイトに訪問する前にどの広告やリンクをクリックしたかを理解したり、当社の広告をお客様にとってより適切なものにするために使用されます。
すべてに同意する
すべてを拒否する
設定の保存