Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on LinkedIn I recommend visiting cushmanwakefield.com to read:%0A%0A {0} %0A%0A {1}
valuation Valuation

サービス

不動産鑑定評価

私たちは日本有数の不動産鑑定評価の専門家チームを擁しています。伝統的不動産セクターに限らず、特殊な不動産資産や大型不動産ポートフォリオの鑑定評価まで幅広い実績を有しています。

私たちの鑑定アプローチは、まずはお客様の不動産について深く理解することから始まります。C&Wの鑑定プロフェッショナルは、実践的な鑑定アドバイスをお客様に提供できる、最善のパートナーでありたいと考えています。

日本に限らず、世界各国に鑑定プロフェッショナルを擁しており、国にとらわれないシームレスなサービスを提供いたします。また、様々な不動産セクターはもちろん、大型かつ複雑な不動産資産についても対応しています。

C&Wは以下のことをお客様に約束いたします:

  • 先見性のある鑑定アドバイス
    C&Wのプロフェッショナルは各資産の細部に至るまで理解するよう取り組み、正確かつ信頼できる鑑定を提供します。
  • 真の専門家による鑑定評価
    徹底的にあらゆる要因を考慮した鑑定を行うため、様々な不動産セクター強みを持つ専門家が担当いたします。
  • 高水準の信頼できる鑑定
    お客様が確かな情報に基づいて意思決定を行っていただけるよう、データと専門性、そして実績に基づいた信頼できる鑑定の提供に努めています。
  • 組織的アプローチ
    C&Wの不動産鑑定士は、売買専門家および賃貸不動産リーシング専門家を通じた積極的な情報収集に努め、常に市場の最新動向を反映した評価を実施いたします。

お客様の不動産資産の “WHAT’S NEXT” はなんでしょうか? C&Wの鑑定プロフェッショナルにぜひご相談ください。

関連インサイト

asia pacific global supply chain
Research • Logistics

アジア・日本における物流不動産の新たな役割

サプライチェーンに関する初の出版物「アジア・日本における物流不動産の新たな役割~グローバルサプライチェーンからの考察~」の日本語版がリリースされました。

Yoshiyuki Tanaka • 20/04/2022
Work space
Research • Office

アジア太平洋地域 オフィス内装費用ガイド、2022年版

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドのアジア太平洋地域オフィス内装費用ガイド、2022年版は、オフィス・スペースの内装や改装、原状回復など、不動産コストに関するテナント意思決定を支援するツールです。
Yasushi Otomo • 16/03/2022
Signal Report
Insights • Investment

シグナル・レポート2022:グローバル事業用不動産投資ガイド

2022年のCRE投資について今後の見通しをご覧いただけます。

Hiroyuki Takayama • 7/04/2022

お探しの情報が見つかりませんか。

当社のプロフェッショナルにご相談ください。

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドでは、トラフィックの分析および本ウェブサイト上でベストの体験をお客様に提供するためクッキーを使用します。このダイアログを閉じ、お客様の同意を確認されるか、詳細については次のページを訪れてください:
クッキー通知

その他のオプション
同意する
これらのクッキーにより、当社のウェブサイトが期待通りに動作することが保証されます。例えば、ウェブサイトのトラフィック負荷を当社のサーバー間で分散し、使用量が特に多いときにウェブサイトがクラッシュしないようにします。
これらのクッキーは、お客様が行った選択(ユーザー名、言語、居住地域など)をウェブサイトに記憶させ、より充実した機能を提供するためのものです。これらのクッキーは、広告に使用される可能性のあるお客様の情報を収集したり、お客様がインターネット上でどこにいたかを記憶したりすることはありません。
これらのクッキーは、当社がマーケティングパートナーと協力して、お客様が当社のウェブサイトに訪問する前にどの広告やリンクをクリックしたかを理解したり、当社の広告をお客様にとってより適切なものにするために使用されます。
すべてに同意する
すべてを拒否する
設定の保存