Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on LinkedIn I recommend visiting cushmanwakefield.com to read:%0A%0A {0} %0A%0A {1}

「グローバル・オフィス市場への影響度調査と回復時期」レポート

Kevin Thorpe • 22/09/2020
COVID-19が事業用不動産業(CRE)に与える影響や将来のオフィスにおける新たな見解を提供する全3回シリーズの第1回目の調査です。オフィスセクターにおける循環的・構造的な影響についての分析の他、予測シナリオや想定される結果についても報告しています。

COVID-19によるオフィスセクターへの影響分析:予測と結果

COVID-19が事業用不動産業(CRE)に与える影響や将来のオフィスにおける新たな見解を提供する全3回シリーズの第1回目の調査です。第1部の「グローバル・オフィス市場への影響度と回復時期レポート」では、オフィスセクターにおける循環的・構造的な影響について分析しています。また、予測シナリオや想定される結果についても報告しています。

シリーズ1 “新たな視点:パンデミックからパフォーマンスへ” 

COVID-19は経済に混乱を招き、変化を加速させ今後数年にかけて続く可能性のある変化を生み出しています。いくつかの力が作用しオフィスを利用する仕事は減少しており、空室率上昇と賃料下落圧力に加え、無期限若しくはより定期的なテレワークのシェア増加を招いています。
 
本調査に関して: 

  • オフィスセクターのファンダメンタルズに対する循環的・構造的な影響について検証しています

  • 現在の情報に基づき想定される若しくは可能性のある回復時期に関する3つのシナリオを分析しています

主な調査結果:  

  • 世界のオフィス空室率はビフォーコロナの2019年Q4時点の10.9%から2022年Q2にかけて15.6%まで上昇する事が見込まれています

  • 経済及び雇用回復に連れ2022年Q1世界のオフィスセクターは吸収率が底をつき、その時点から空室率はピークアウトする事が見込まれています。世界のオフィス空室率は2025年にはビフォーコロナ時点の水準に戻り、約11%迄回復するでしょう
  • 賃料は2022年Q1に底をつき、その後上昇基調に転じ2025年にはビフォーコロナのピーク水準に戻るでしょう

  • 数十年にかけて企業が取り組んできた、従業員一人当たりのオフィス面積縮小による高密度化のトレンドは、逆転する可能性があります。COVID-19は短期的にソーシャルディスタンスが求められ、高密度化のトレンドに歯止めをかけています

本調査レポート(英語版のみ)をダウンロードExternal Link


ウェビナーリプレイ

Global Office Impact Webinar (image) Global Office Impact Webinar (image)

グローバル・オフィス市場への影響度調査ウェビナー(英語のみ)

関連インサイト

Main-Streets-2022-web-card
Insights • Retail

MAIN STREETS ACROSS THE WORLD 2022

世界92都市の路面店市場の調査レポートをコロナ以降3年ぶりに発表しました。
詳細はレポートをご確認ください。
7/12/2022

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドでは、トラフィックの分析および本ウェブサイト上でベストの体験をお客様に提供するためクッキーを使用します。このダイアログを閉じ、お客様の同意を確認されるか、詳細については次のページを訪れてください:
クッキー通知

その他のオプション
同意する
これらのクッキーにより、当社のウェブサイトが期待通りに動作することが保証されます。例えば、ウェブサイトのトラフィック負荷を当社のサーバー間で分散し、使用量が特に多いときにウェブサイトがクラッシュしないようにします。
これらのクッキーは、お客様が行った選択(ユーザー名、言語、居住地域など)をウェブサイトに記憶させ、より充実した機能を提供するためのものです。これらのクッキーは、広告に使用される可能性のあるお客様の情報を収集したり、お客様がインターネット上でどこにいたかを記憶したりすることはありません。
これらのクッキーは、当社がマーケティングパートナーと協力して、お客様が当社のウェブサイトに訪問する前にどの広告やリンクをクリックしたかを理解したり、当社の広告をお客様にとってより適切なものにするために使用されます。
すべてに同意する
すべてを拒否する
設定の保存