Share:

メディア掲載 | 不動産経済ファンドレビュー(2020年11月25日号)

Yuko Okayasu • 9/12/2020

メディア掲載

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの知見がメディアに掲載されました。

『投資対象として価値は高まり続ける―需要が急増するデータセンター市場』とした記事の中で、鈴木英晃、ヘッド・オブ・リサーチ&コンサルティングは「需要の急増に対して供給のスピードが追い付かず、メガクラウド事業者は自社でデータセンター施設を作り保有するといった流れも出ている」とコメントを寄せています。

また、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメントの小木康資営業部門統括取締役兼エグゼクティブ・ディレクターは、「オフバラ化されたDC を投資家がバリューアッドさせる案件は少なくないが、実際はテナントを付けるのに非常に苦戦している」と指摘しています。

 

記事全文は、右のリンクよりお読みいただけます。

「コロナ禍で小売り不動産の明暗分かれる | 都心の商業は苦戦、郊外型店舗は盛況」
出典:「不動産経済ファンドレビュー」 2020年11月25日号 株式会社不動産経済研究所