Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on LinkedIn I recommend visiting cushmanwakefield.com to read:%0A%0A {0} %0A%0A {1}

メディア掲載 | 不動産経済ファンドレビュー(2020年11月25日号)

Yuko Okayasu • 9/12/2020

メディア掲載

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの知見がメディアに掲載されました。

『投資対象として価値は高まり続ける―需要が急増するデータセンター市場』とした記事の中で、鈴木英晃、ヘッド・オブ・リサーチ&コンサルティングは「需要の急増に対して供給のスピードが追い付かず、メガクラウド事業者は自社でデータセンター施設を作り保有するといった流れも出ている」とコメントを寄せています。

また、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメントの小木康資営業部門統括取締役兼エグゼクティブ・ディレクターは、「オフバラ化されたDC を投資家がバリューアッドさせる案件は少なくないが、実際はテナントを付けるのに非常に苦戦している」と指摘しています。

 

記事全文は、右のリンクよりお読みいただけます。

「コロナ禍で小売り不動産の明暗分かれる | 都心の商業は苦戦、郊外型店舗は盛況」
出典:「不動産経済ファンドレビュー」 2020年11月25日号 株式会社不動産経済研究所

 


 

 

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドでは、トラフィックの分析および本ウェブサイト上でベストの体験をお客様に提供するためクッキーを使用します。このダイアログを閉じ、お客様の同意を確認されるか、詳細については次のページを訪れてください:
クッキー通知

その他のオプション
同意する
これらのクッキーにより、当社のウェブサイトが期待通りに動作することが保証されます。例えば、ウェブサイトのトラフィック負荷を当社のサーバー間で分散し、使用量が特に多いときにウェブサイトがクラッシュしないようにします。
これらのクッキーは、お客様が行った選択(ユーザー名、言語、居住地域など)をウェブサイトに記憶させ、より充実した機能を提供するためのものです。これらのクッキーは、広告に使用される可能性のあるお客様の情報を収集したり、お客様がインターネット上でどこにいたかを記憶したりすることはありません。
これらのクッキーは、当社がマーケティングパートナーと協力して、お客様が当社のウェブサイトに訪問する前にどの広告やリンクをクリックしたかを理解したり、当社の広告をお客様にとってより適切なものにするために使用されます。
すべてに同意する
すべてを拒否する
設定の保存