Share:

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド アジア太平洋リサーチ統括者就任のお知らせ

Yuko Okayasu • 11/06/2019

シンガポール、2019年6月11日 ー グローバル不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町)は、新たにアジア太平洋のリサーチ統括に2名の新たな任命があったことをお知らせいたします。ジェームス・シェパードがアジア太平洋統括ヘッド・オブ・リサーチに、そしてアジア太平洋ヘッド・オブ・インサイト・アンド・アナリシスにドミニク・ブラウン博士が就任します。

マシュー・ボウ、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド、アジア太平洋地域CEOは次のように述べています。「彼ら優秀なリサーチ・リーダー2名によって、長年の豊富な学術研究およびビジネス経験を基にして、鋭い思想と深い洞察、また情報価値のあるデータをビジネス・プロフェッショナルおよび顧客の皆様へ提供することが可能になります。彼ら2名のパートナーシップにより、リサーチ能力が強化されるだけでなく、C&Wのアジア太平洋地域の商業不動産業界におけるソートリーダーとしての地位がより確立されていくと期待しています。」

ジェームス・シェパード ヘッド・オブ・リサーチ、APAC

 

シェパードは、2014年よりC&Wに在籍、20年以上の豊富な業界経験を持ち、直近ではグレーターチャイナ・リサーチのマネージングディレクターを務めていました。

上海を拠点にアジア太平洋の100名以上のリサーチ・プロフェッショナルチームを統括し最前線のトピックを取り上げたレポートを発行している他、顧客へ地域特有の不動産課題における深い分析と知見を提供しています。

アジアでの職歴において、これまでにコンサルタントや鑑定士としてサポートを行ってきた投資家は次の通りです。:Ascott, Aviva, ARA, Barings, CapitaLand, Coca Cola, Citic Capital, Credit Suisse, GIC, Hines, ING Real Estate, JP Morgan, OCBC, Macquarie, Mapletree, Morgan Stanley, PAG, Standard Chartered Bank, Swire and Warburg Pincus

シェパードのリーダーシップのもと、C&W グレーターチャイナ・リサーチは、英国王立チャータード・サベイヤーズ協会(RICS)やユーロマネー誌より3 年連続で権威あるアワードを受賞するなど、その優位性が認められるところとなりました。また近年シェパードはRICS の中国委員の他、C&W グレーターチャイナ執行委員に任命されています。

ドミニク・ブラウン博士 ヘッド・オブ・インサイト&アナリシス、APAC

 

今回新設の役職において、ブラウンはC&W アジア太平洋のソートリーダーとしてのリサーチを率い、更なる顧客の信頼の獲得とビジネスの可能性を開拓していきます。これまでにブラウンはC&W に8 年以上在籍し、数々のシニアリサーチ職を歴任しました。

ブラウンは、人口統計及び都市分析に15 年以上関わっており、市場研究、知見の提供や思想の牽引だけでなく、住宅ニーズ評価、センターネットワーク戦略、産業土地需要研究および戦略的経済発展機会研究等、幅広い物件研究を行ってきました。また、豪州クイーンズランド州計画環境裁判所にて独立的専門家として貢献した経験を有しています。

ブラウンは、幅広い学術バックグラウンドを持ち優等学位及び計量人口統計学博士を持っています。自身の執筆による査読出版物をいくつか刊行している他、専門家会議においてスピーカーとして登壇しています。また、クイーンズランド大学地理・計画・環境マネジメント研究科の非常勤准教授であり、招聘講師として壇上に立つ他、様々な研究プロジェクトへの助言を行っています。

 

本件に関するお問い合わせ:

鈴木 英晃
リサーチ・ディレクター
+81 3 3596 7804
hideaki.suzuki@cushwake.com


メディア・コンタクト:

岡安 祐子

ヘッド・オブ・マーケティング&コミュニケーションズ
+81 3 3596 7045
yuko.okayasu@cushwake.com


クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドについて

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、オキュパイヤーとオーナーの皆様に有意義な価値をもたらす世界有数の不動産サービス会社です。約70カ国400 拠点に51,000 人の従業員を擁しています。プロパティー・マネジメント、ファシリティー・マネジメント、プロジェクト・マネジメント、リーシング、キャピタルマーケッツ、鑑定評価などのコア・サービス全体で、2018 年の売上高は82 億ドルを記録しました。詳しくは、公式ホームページ www.cushmanwakefield.comにアクセスするか公式ツイッター@CushWake External Linkをフォロー下さい。

RELATED INSIGHTS

6 Feet Office (image)
Insights • Workplace

C&W、日本オフィスで「6フィートオフィス」の導入テストを決定

グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町、C&W)は、緊急事態宣言後の同社日本法人のオフィス復帰へ向けて、「6フィートオフィス」の導入テストを開始することを決定いたしました。
Odysseus Markezinis • 14/05/2020
covid 19 outbreak impact of coronavirus epidemic on apac real estate market
Article • Insights

COVID-19 OUTBREAK: コロナウイルス流行がアジア太平洋地域の不動産市場へ与える影響

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは新型コロナウイルス「COVID-19」の不動産市場への潜在的な影響についてレポート「COVID-19:コロナウイルス流行がアジア太平洋地域の不動産市場へ与える影響(英語版のみ)」を発行致しました。以下は同レポートの抜粋ですが、より詳細なマクロ的分析や国別分析は、本レポートをご覧ください。
Hideaki Suzuki • 21/02/2020
Warehouse Internal Rack
MarketBeat • Insights

Logistics Marketbeat Report

「マーケットビート」四半期レポートは、主要マーケットおよびサブマーケットレベルで需給、価格動向、経済および商業不動産活動を分析します。
Hideaki Suzuki • 11/05/2020

お探しの情報が見つかりませんか。

当社のプロフェッショナルにご相談ください。