Share:
Tech Disruptors Main Mobile Tech-Disruptors-Main-Banner

インサイト

デジタル・ディスラプター

四部から構成される本シリーズでは既存の事業用不動産業を切り開く、ポテンシャルの高いテクノロジーを探っていきます。

ブロックチェーン、ビットコイン、マイクロモビリティ、ロボティクスといったトランステックは、様々な分野で名ばかりの結果で終わる可能性がある一方で、それでもいくつかの分野においては、完全な変革を惹き起こすポテンシャルを秘めています。テクノロジーはすでに部分的に使用されているものの普及には時間がかかる事も見込まれており、本レポートではこうしたタイムラインを示しています。 

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドでは、トランステックについて何が真実で何が過大評価なのか、また注目すべきポイントについて追跡し、適切なスピードをもって不動産の入居者、オーナー、投資家の皆様に最新情報をお伝えします。

Tech Disruptor Part 1
第一部 ロボットによる事業用不動産業への影響とは

事業用不動産業が実際にテクノロジーの影響を多く受けるには10年以上必要です。しかし近い将来の改革は間もなく訪れるでしょう。

レポートダウンロード

Tech Disruptor Part 2
第二部 ブロックチェーン、ビットコイン、不動産

ブロックチェーンのテクノロジーにおいて3つのメリットである効率性、セキュリティ、透明性は事業用不動産業の上場、アセットマネジメント、売買による取引量の変動を改善する事が出来ます。

レポートダウンロード

Tech Disruptor Part 3
第三部 モビリティによる事業用不動産業へのシフト

自動車技術が生活、仕事、遊びの中まで構造改革が進んでいる事は幅広く受け入れられている事ですが、近い将来不動産業へ影響するには未だ様々な段階があります。

レポートダウンロード

Tech Disruptor Part 4
第四部 デジタル・ディスラプターとサプライチェーン

サプライチェーンにおける最新技術導入は今後5年で二倍となることが予測され、配達のスピード、正確さ、コストに影響を与え顧客体験(CX)に大きな変化をもたらします。

レポートダウンロード