Share:

C&W、フィフス・ウォールと不動産テックパートナーシップを締結

Yuko Okayasu • 17/07/2019

シカゴ、2019年7月17日 – グローバル不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、ニューヨーク証券取引所:CWK)は本日、世界不動産業界における先端テクノロジー(不動産テック)に注力するベンチャーキャピタル、フィフス・ウォール (Fifth Wall) との戦略的パートナーシップ締結を発表しました。

フィフス・ウォールはテクノロジー起業家と不動産企業の協業を促進しています。本日募集を完了した第2号不動産テクノロジーファンドは5億300万米ドルを集め、2017年5月に完了した同社の第1号ファンドの2億2,100万米ドルを2倍以上超える規模となりました。

ブレット・ホワイト(クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド 会長兼最高経営責任者(CEO))は次のように述べています。

「私たちは、お客様や社員また不動産に、テクノロジーを駆使した次世代の解決策をもたらす当社の手助けをしてくれる組織を見出し、パートナーシップを結ぶことに積極的に取り組んでいます。この度フィフス・ウォールという素晴らしきパートナーを得て、私たちのお客様に、革新的な技術がもたらす業界最先端の解決策を届けることが可能になると信じています。」

ブレンダン・ウォレス(フィフス・ウォール 共同設立者兼マネージング・パートナー)は次のように述べています。

「フィフス・ウォール独自のファンド・モデルは、世界有数の不動産会社において、事業を強化するための見識の共有や新技術のアクセスを提供する中核的なプラットフォームとして採用されるなど、絶大なネットワーク効果が期待されています。クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドのような革新的で先見の明のある不動産会社をパートナーとして迎えることで、フィフス・ウォールは、業界で生まれる破壊的技術を正しく評価し、投資のリスクを軽減する審美眼を手にします。」

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは不動産テック戦略の一環として、MetaProp NYC、Plug and Playや1871を含む様々な組織と世界規模でパートナーシップを締結しています。直近では、SaltmineやReonomyといったベンチャー企業と技術提携を結びました。

アダム・スタンレー(クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド 最高情報責任者(CIO)兼最高デジタル責任者(CDO))は次のように述べています。

「不動産テックベンチャーと協業することで、業界を破壊している新技術と同じスピードで私たちは進化し続けます。これにより、お客様やステークホルダーの皆様に今後も最大価値をもたらすと確信しています。フィフス・ウォールとの強固なパートナーシップが追加されたことで、戦略を更に推し進めながら業界を前進させていきます。」

関連インサイト

6 Feet Office in Tokyo video
Insights • Workplace

【ビデオ】C&W、日本オフィスで「6フィートオフィス」の導入テストを決定

グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町、C&W)は、緊急事態宣言後の同社日本法人のオフィス復帰へ向けて、「6フィートオフィス」の導入テストを開始することを決定いたしました。
Odysseus Markezinis • 14/05/2020
Covid-19, China
Research • Forecast / Outlook

COVID-19の先に:中国のテレワーク動向とオフィスの職場戦略への影響

中国国内での感染が減少していることから、中国はビジネスが復帰しつつあります。各地オフィスに電気が点されるとともに、ビルオーナーやテナントは新たなパラダイム・シフトを経験しはじめています。それは財政難のテナントにとっては、リモートワーク導入の成功度合い、そもそものオフィススペースの存在価値の見直し、そして危機の際にビルオーナーがどの程度テナントを支援したかを改めて評価する動きです。ビルオーナーにとっては、テナントとの関係を維持することと、賃料収入の持続可能性のバランスをいかにして取るかを綱渡りすることを意味します。
Shaun Brodie • 24/03/2020
Policy Watch Tokyo Report 2020
Article • Insights

Policy Watch Tokyo: April 10

COVID-19 first spread out in China and suspended economic activities of the nation. Having a close economic relationship with China, Japan industries are gradually affected by the outbreak. Government of Japan released the first economic stimulus package in mid-February. As local outbreak happens and situation worsening, government has proposed different measures to contain the spread and secure economy.
Hideaki Suzuki • 10/04/2020