Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on LinkedIn I recommend visiting cushmanwakefield.com to read:%0A%0A {0} %0A%0A {1}

2020年グローバル製造業リスクインデックス

Hiroyuki Takayama • 25/06/2020

MRI 2020 (image)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、製造業がグローバルな生産ラインとサプライチェーンに依存していることを浮き彫りにしました。生産ラインを保護しながら収益性を確保しようとする製造業にとって、立地の決定は極めて重要です。

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの「2020年グローバル製造業リスクインデックス(Global Manufacturing Risk Index)」は、欧州、米州、アジア太平洋地域の48カ国の中から、グローバル製造業に最も適した立地を評価しています。

レポートでは、各国を次の4つの主要分野で評価しています。

  • 持ち直し力:制限措置が緩和され事業が通常の状態に戻り始める時期の、製造業の再開能力

  • 操業条件: ビジネス環境(人材の確保や市場へのアクセスを含む)

  • コスト: 人件費、電気代、不動産などの運営費  

  • リスク: 政治的、経済的、環境的リスク 

詳細については、レポートをダウンロード External Linkください(英語)。

また、プレスリリースでより詳しいレポートサマリー External Linkをお読みいただけます(日本語)。

関連インサイト

Shopping Retail
MarketBeat • Insights

日本リテール・マーケットビート 

2022年第3四半期のハイストリート賃料回復はコロナ前水準への回復が継続する見通しとなりました。
しかし、今後二年間の全体の賃料水準は、景気減速を反映して賃料下落サイクルが続く見通しとなっております。

最新のリテール情報をこちらよりご確認ください。

Isao Suga • 28/11/2022
New Normal (image)
Research • Economy

How COVID-19 is hitting the reset button on the global economy and property types

The stresses caused by the 2020 global recession will have a major impact on property across the globe over the next several years.
Kevin Thorpe • 7/10/2020

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドでは、トラフィックの分析および本ウェブサイト上でベストの体験をお客様に提供するためクッキーを使用します。このダイアログを閉じ、お客様の同意を確認されるか、詳細については次のページを訪れてください:
クッキー通知

その他のオプション
同意する
これらのクッキーにより、当社のウェブサイトが期待通りに動作することが保証されます。例えば、ウェブサイトのトラフィック負荷を当社のサーバー間で分散し、使用量が特に多いときにウェブサイトがクラッシュしないようにします。
これらのクッキーは、お客様が行った選択(ユーザー名、言語、居住地域など)をウェブサイトに記憶させ、より充実した機能を提供するためのものです。これらのクッキーは、広告に使用される可能性のあるお客様の情報を収集したり、お客様がインターネット上でどこにいたかを記憶したりすることはありません。
これらのクッキーは、当社がマーケティングパートナーと協力して、お客様が当社のウェブサイトに訪問する前にどの広告やリンクをクリックしたかを理解したり、当社の広告をお客様にとってより適切なものにするために使用されます。
すべてに同意する
すべてを拒否する
設定の保存