Share:

2020年グローバル製造業リスクインデックス

Lisa Graham • 25/06/2020

MRI 2020 (image)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、製造業がグローバルな生産ラインとサプライチェーンに依存していることを浮き彫りにしました。生産ラインを保護しながら収益性を確保しようとする製造業にとって、立地の決定は極めて重要です。

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの「2020年グローバル製造業リスクインデックス(Global Manufacturing Risk Index)」は、欧州、米州、アジア太平洋地域の48カ国の中から、グローバル製造業に最も適した立地を評価しています。

レポートでは、各国を次の4つの主要分野で評価しています。

  • 持ち直し力:制限措置が緩和され事業が通常の状態に戻り始める時期の、製造業の再開能力

  • 操業条件: ビジネス環境(人材の確保や市場へのアクセスを含む)

  • コスト: 人件費、電気代、不動産などの運営費  

  • リスク: 政治的、経済的、環境的リスク 

詳細については、レポートをダウンロードください(英語)。

また、プレスリリースでより詳しいレポートサマリーをお読みいただけます(日本語)。