Share:

アジア太平洋地域のコールドストレージ物流:ワクチンとEC需要の波に乗る急成長セクター

Shaun Brodie • 9/12/2020

APAC Cold Storage Logistics report (Banner)

コールドチェーン(低温物流)セクターは、医薬品やワクチンの輸出入の機会の増加に加え、Eコマースやフードデリバリーサービスの急増により、ここ数ヶ月で牽引力を増しています。アジアの多くの地域では未だ発展途上のマーケットが存在するものの、COVID-19を背景としたセクターの将来性の高さから、一部の投資家はブラウンフィールド(既存物件)やグリーンフィールド(開発プロジェクト)を含む様々な投資の機会を探索しています。成熟市場・新興市場の双方において潤沢な待機資金が存在していることも背景に、このニッチなアセットへの投資意欲を後押ししています。

本レポートでは、アジア太平洋地域において冷蔵倉庫の需要を牽引する主な要因と、この分野への投資機会について分析しています。


関連インサイト

Shanghai
Insights • Retail

新型コロナウイルスがアジアの路面店市場に与えた影響

新型コロナウイルス感染拡大によって甚大な経済的被害を受ける小売業界。そこで本稿では、アジアにおける路面店市場の状況を俯瞰する。

Hideaki Suzuki • 15/12/2020
Pharmaceutical Cold Chain (Card Image)
Insights • Industrial

新薬・ワクチン供給を支える日本の医薬品コールドチェーン

いま期待される新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の流通のみならず、近年発展の著しいバイオ医薬品や再生医療などの高度医療分野において、迅速性と徹底した温度・湿度管理が求められる医療コールドチェーンの重要性が高まっています。

Yuko Kamei • 18/11/2020
Reclaim 2020 H2
Insights

2020年上半期以降、アジアの不動産取引量減少も 投資意欲は旺盛

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドのアジア太平洋地域レポート 「Reclaim 2020(2020年を巻き返す)」 によると、投資市場における取引活動は、ディストレス資産売却の兆候は限定的ではありましたが、それでもトレンドを下回る取引水準にとどまる見通しです。2020年下半期には改善が予想されます。
Dominic Brown • 24/08/2020