Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on LinkedIn I recommend visiting cushmanwakefield.com to read:%0A%0A {0} %0A%0A {1}
APAC Supply Chain Banner Asia Pacific Global Supply Chains

アジア・日本における物流不動産の新たな役割

Yoshiyuki Tanaka • 20/04/2022

COVID-19の大流行以来、サプライチェーン(供給網)の混乱がこれほど注目されたことはありません。世界各地で都市封鎖が発生、商品の品不足が生じ、さらに深刻な根詰まりも発生しました。世界中のサプライチェーンチームが不安定な状況においても、常に迅速に対応ができるよう対応が求められています。

地理的、技術的、人口動態的、都市化の傾向を踏まえつつ、サプライチェーン、そして物流ネットワーク機能全体を最適化することが、近年、更に注目されています。調達元、製造拠点、在庫、保管、流通の流れを最適化すること、コスト効率を最大限高める方法で顧客需要に応えることができるためです。

本レポート「アジア・日本における物流不動産の新たな役割~グローバルサプライチェーンからの考察~」は、技術革新、顧客の購買行動、根底となるメガトレンドが、サプライチェーンを支える物流ネットワークの設計に如何に影響を及ぼしていくかに焦点を当てております。

サプライチェーンの未来を形作る主な要因

効率的かつ強固なサプライチェーンのネットワークを構築することで、企業は配達サイクルを短縮することができ、競合企業に対する差別化要因として活用することができます。

本レポートは下記の提言を基にまとめられています。

  • アジア域内貿易の拡大に合わせて、企業においても域内の物流ネットワークを、状況に合わせて柔軟かつ迅速、そして効率的な対応ができるように構築、若しくは最適化していかなければなりません。
  • 不動産としてサプライチェーンの設計を成功させるために重要な検討事項とは、ネットワーク構成、拠点の立地条件、建物の仕様の3点です。
  • 自動化、テクノロジーの活用、予測分析などを導入することで、企業はより正確で効率的な在庫管理が予測可能になります。その結果、受注処理は効率化し、必要とされる床面積も見直しが促されるため、自らの物流業務にもたらされる利点という観点からきめ細かに評価していかなければなりません。

詳しくは、「アジア・日本における物流不動産の新たな役割~グローバルサプライチェーンからの考察~」をダウンロードしてご参照ください。

お気軽にお問い合わせください。

世界60か国50,000人の専門家がお客様のビジネスをお手伝いします。

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドでは、トラフィックの分析および本ウェブサイト上でベストの体験をお客様に提供するためクッキーを使用します。このダイアログを閉じ、お客様の同意を確認されるか、詳細については次のページを訪れてください:
クッキー通知

その他のオプション
同意する
これらのクッキーにより、当社のウェブサイトが期待通りに動作することが保証されます。例えば、ウェブサイトのトラフィック負荷を当社のサーバー間で分散し、使用量が特に多いときにウェブサイトがクラッシュしないようにします。
これらのクッキーは、お客様が行った選択(ユーザー名、言語、居住地域など)をウェブサイトに記憶させ、より充実した機能を提供するためのものです。これらのクッキーは、広告に使用される可能性のあるお客様の情報を収集したり、お客様がインターネット上でどこにいたかを記憶したりすることはありません。
これらのクッキーは、当社がマーケティングパートナーと協力して、お客様が当社のウェブサイトに訪問する前にどの広告やリンクをクリックしたかを理解したり、当社の広告をお客様にとってより適切なものにするために使用されます。
すべてに同意する
すべてを拒否する
設定の保存

連絡先

Yoshiyuki Tanaka
Yoshiyuki Tanaka

Senior Executive Director
Chiyoda-ku, Japan


Hiroki Takatsuka
Hiroki Takatsuka

Director, Head of Logistics and Industrial Services, Japan
Chiyoda-ku, Japan


Hiroyuki-Takayama_Headshot_Japan
Hiroyuki Takayama

Director, Head of Japan Desk
Chiyoda-ku, Japan


関連インサイト

Shopping Retail
MarketBeat • Insights

日本リテール・マーケットビート 

2022年第4四半期はエリア別に賃料の回復傾向はまちまちとなりました。
全体の賃料においては下落傾向となっております。しかし、今後二年間の全体賃料水準は、景気減速を反映して
賃料下落サイクルが続くことを見込んでいます。

最新のリテール情報をこちらよりご確認ください。

Mari Kumagai • 7/02/2023
Outlook 2023
Research • Office

Asia Pacific Office Outlook 2023

Supply, Demand, Vacancy and Rent: A look at the fundamentals underpinning Asia Pacific’s key office markets in 2023 and beyond.

7/12/2022
APAC Capital Flows - Supply Chain Management webinar
Insights • Capital Markets

【ウェビナー】アジア太平洋地域の不動産売買市場の今後 – サプライチェーン・マネジメント

サプライチェーン・マネジメントは、今やアジア太平洋地域レベルでも世界レベルでも、メーカー、小売業者、投資家が直面する最大の課題の一つとなっています。今回のウェビナーでは、DHL Supply ChainのAPAC不動産ソリューション責任者であるケビン・リー氏をお招きし、この重要なテーマについて議論をしています。
3/07/2022