Share:

ワークプレイスのエコシステムにおけるコワーキングの在り方の変化

David Smith • 3/08/2020
コワーキングは新型コロナウイルスとそれに伴う景気後退の影響を大きく受けていますが、様々なユーザーや事情により重要な職場環境であり続ける可能性があります。

Coworking Banner (image)

コワーキングは新型コロナウイルスとそれに伴う景気後退の影響を大きく受けていますが、様々なユーザーや事情により重要な職場環境であり続ける可能性があります。本レポートでは、コワーキングの将来を形成するであろうトレンドと要因を探ります。また、米国の大都市圏約30都市に位置するコワーキングの動向についても分析しています。

詳細についてはレポートをダウンロードして下さい。 


関連インサイト

Part 3 Workplace Ecosystems (image)
Research • Workplace

ワークプレイス・エコシステムの未来

本レポートでは、投資家、物件入居者、プレイスメーカーのフィードバックを探り、過去の在宅ワーク(WFH)の浸透率を分析することで、コロナ後の世界におけるオフィスの未来について検証します。
Future of Office (Card Image)
Insights • Office

場の目的:オフィスの歴史と未来

本レポートは、COVID-19が事業用不動産(CRE)業界に与える影響とオフィスの未来について新たな視点を提供する全3回のシリーズの第2回目です。パンデミック沈静化後において、オフィスが従業員や雇用者にとってどのような付加価値を生み出していくかを考察します。

29/10/2020
Tech Disruptor Series
Insights • Technology

デジタル・ディスラプター

四部から構成される本シリーズでは既存の事業用不動産業を切り開く、ポテンシャルの高いテクノロジーを探っていきます。
Revathi Greenwood • 1/10/2020