Share:
future of workplace future of workplace

インサイト

特集:ワークプレイスの未来


ワークプレイスの未来

Future of Workplace report
Research • Forecast / Outlook

ワークプレイスの未来: COVID-19環境下で得られたデータから見える、新しい職場環境とは?

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドでは、オフィスか在宅かの勤務環境に関わらず、職場体験そのものを形成する主な要因について理解するための、データと証拠に基づいたアプローチを採用しています。独自に開発したツール「Experience per Square FootTM(XSF、1平方フィート当たりの体験)」のデータベースおいて、COVID-19以前における世界中の従業員の職場体験のもととなった250万以上のデータポイントの分析と共に、現在在宅勤務環境にある世界中の4万人以上から得た170万以上のデータポイント(XSF@home)の分析を行いました。これにより、いま従業員がどのように現在の状況に対処しているかについて独自の洞察が得られた上、さらに現在の状況における「成功」と「課題」の両方を特定しました。 
Despina Katsikakis • 12/06/2020
Cushman & Wakefield Research Predicts New Normal for Workplace
C&Wの調査レポート、ワークプレイスの新常態を示唆(日本語版あり)

在宅勤務に関するグローバル調査、今後はワークプレイスの定義が「単一の職場」から「オフィス・自宅・サードプレイスで構成されるエコシステム」へと移行する可能性を示す。

 

Yuko Okayasu • 17/06/2020

Covid-19 impact on Tokyo office market
オフィス: サテライト&付帯機能充実で プラットフォームの再構築必要に

メディア掲載
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの知見がメディアに掲載されました。
右のリンクより閲覧頂けます。

「オフィス サテライト&付帯機能充実で
プラットフォームの再構築必要に
鈴木英晃氏、種田充博氏
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドに聞く」

出典:「月刊プロパティマネジメント 」 2020年7月号  総合ユニコム株式会社

 

Hideaki Suzuki • 14/07/2020

office
Research • Investment

人口・産業の構造変化と共に進化するワークプレイス:新型コロナウイルスにより問われるオフィスのあり方

不動産の需給環境は産業革命とともに変化してきた。 第一次産業革命では主に蒸気機関を原動力とする軽工業中心の発展に加え、蒸気機関車や蒸気船の発明による輸送手段の改革も進んだ。
Erika Watanabe • 15/05/2020
7 Key Lease Renegotiation & Rent Reduction Considerations For Japanese Occupiers
Article • Office

日本のテナント企業が検討すべき、リース契約の再交渉及び賃料減額における7つのポイント

筆者が日常的に連絡をとっているクライアントのCREプロフェッショナル(商業用不動産・企業のオフィス管理責任者)の多くは、不透明な経済状況の中“ニューノーマル”なワークプレイスへ安全かつ持続的に戻れるソリューションを模索しています。一部の人々にとってこれは、リースの再交渉や賃料値下げ交渉の際、オーナーとのオープンで率直な対話になることを意味します。ここでは日本のオーナーとのリース再交渉や賃料値下げ交渉に備え、検討すべき7つのポイントを紹介致します。
Ron Gormley • 11/06/2020
Set-up office example in Tokyo
Research • Investment

オフィスの新しい形「セットアップオフィス」とは?

東京のオフィス市場で見られるトレンド、「セットアップオフィス」 を紹介いたします。市場の回復時に新たなソリューションを求めている企業にとって一つの選択肢になるかもしれません。

Hideyuki Morita • 21/05/2020
Covid-19, China
Research • Forecast / Outlook

COVID-19の先に:中国のテレワーク動向とオフィスの職場戦略への影響

中国国内での感染が減少していることから、中国はビジネスが復帰しつつあります。各地オフィスに電気が点されるとともに、ビルオーナーやテナントは新たなパラダイム・シフトを経験しはじめています。それは財政難のテナントにとっては、リモートワーク導入の成功度合い、そもそものオフィススペースの存在価値の見直し、そして危機の際にビルオーナーがどの程度テナントを支援したかを改めて評価する動きです。ビルオーナーにとっては、テナントとの関係を維持することと、賃料収入の持続可能性のバランスをいかにして取るかを綱渡りすることを意味します。
Shaun Brodie • 24/03/2020
Lessons from Landlords in China
Research • Investment

中国のCOVID-19回復期から得られる教訓

中国国内での感染が減少していることから、中国はビジネスが復帰しつつあります。各地オフィスに電気が点されるとともに、ビルオーナーやテナントは新たなパラダイム・シフトを経験しはじめています。それは財政難のテナントにとっては、リモートワーク導入の成功度合い、そもそものオフィススペースの存在価値の見直し、そして危機の際にビルオーナーがどの程度テナントを支援したかを改めて評価する動きです。ビルオーナーにとっては、テナントとの関係を維持することと、賃料収入の持続可能性のバランスをいかにして取るかを綱渡りすることを意味します。
25/03/2020