Share:
Restoring Retail Confidence Restoring Retail Confidence

インサイト

特集:リテール市場の回復に向けて

復帰への準備:業務再開の手引き
外出制限の解除後に不動産のテナントと建物オーナーが職場を再開するための包括的なガイドを発行しました
ダウンロードする

分析を読む

restoring retail
Research • Insights

小売業の信頼回復:将来を見据えたリテールブランドが検討すべき戦略

COVID-19 流行によって、私たちの世界へ変化を強いられていることに疑いの余地はないでしょう。そのようななか私たちは、変化を起こそうと立ち上がっている小売業界のイノベーターや慈善家から日々刺激を受け続けています。メーカーはマスクやガウンを作り、レストランは緊急対応者や困窮家庭に食事を提供し、リテールブランドは暗いニュースが続く中で喜びをもたらそうとコンテンツ制作に取り組んでいます。
Barrie Scardina • 10/04/2020
Card (image)
Research • Insights

リースの再契約と賃料削減交渉を行う際に気をつけるべき10の検討事項

いま現在(少なくともこの記事の執筆時点では)世界中の市場が混乱状態にあります。クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドのリーシングおよび 専門家は、テナントと投資家双方のアドバイザーとして、リースの再交渉や賃料の軽減要求に備えてテナントに次の点を考慮することをお勧めします。
31/03/2020
Small steps on the road to retail recovery in Asia and Europe
Insights

アジア及び欧州におけるリテール事業回復への道のり

欧州諸国でCOVID‐19による制限解除に向けた最初の試験的なステップについて議論される中、アジアの教訓から得られるものはあるでしょうか。アジア大陸はいち早くパンデミックからの脱出を遂げ、欧州より早い事が一般的に知られています。しかしコロナウイルス感染の状況や転帰は、アジアも欧州と同様に国によって大きく異なり、それは国の政策が大きく寄与していることを把握する必要があるでしょう。

Yvonne Court • 2/06/2020
APAC Marketbeat
MarketBeat • Insights

日本 マーケットビート

「マーケットビート」四半期レポートは、主要マーケットおよびサブマーケットレベルで需給、価格動向、経済および商業不動産活動を分析します。
Hideaki Suzuki • 30/07/2020
Essential Asia Pacific Insights From The Recovery Readiness Guide
Video • Workplace

【ウェビナー】業務再開の手引き、 アジア太平洋地域への洞察【日本語字幕あり】

復帰への準備:業務再開の手引き」では、COVID-19の発生後、企業が安全かつ責任を持って職場に戻る方法についての最良の考え方と実践のいくつかを概説しています。推奨されるプラクティスとプロトコルはすでに世界における多くの場所で実装されているものです。

同レポートの内容と、それがアジア太平洋地域のビジネスにどのように適用されるかを理解するために、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドが誇るアジア太平洋地域およびグローバルの専門家を集めて特別なウェビナーを開催しました。ぜひ、録画(日本語字幕あり)をご視聴ください。

Matthew Bouw
Lessons from Landlords in China
Research • Investment

中国のCOVID-19回復期から得られる教訓

中国国内での感染が減少していることから、中国はビジネスが復帰しつつあります。各地オフィスに電気が点されるとともに、ビルオーナーやテナントは新たなパラダイム・シフトを経験しはじめています。それは財政難のテナントにとっては、リモートワーク導入の成功度合い、そもそものオフィススペースの存在価値の見直し、そして危機の際にビルオーナーがどの程度テナントを支援したかを改めて評価する動きです。ビルオーナーにとっては、テナントとの関係を維持することと、賃料収入の持続可能性のバランスをいかにして取るかを綱渡りすることを意味します。
25/03/2020
Impact of the Coronavirus Epidemic on the Asia Pacific Real Estate Market
Article • Hospitality

新型コロナウィルス感染症拡大がホテルの価格に与える影響

近年ホテル業界は、旺盛なインバウンド需要を背景にした高い稼働率と宿泊単価に支えられ、活況を呈してきました。しかしながら2020年に入り、新型コロナウィルス感染症拡大懸念に伴う海外渡航者の制限により、インバウンド需要が激減したことに加えて、出張や旅行の自粛による国内宿泊需要の急速な減少もあり、国内ホテルのパフォーマンスは前例がないほどに落ち込んでいます。

Katsuaki Shinohara • 20/07/2020