Share:

アジア太平洋データセンター・アップデート 2020年春夏

Kevin Imboden • 13/07/2020

Asia Pacific Data Centre Update Spring Summer 2020

テレコミュニケーション、オペレーター、REITは、新型コロナウイルスの影響に躊躇することなくアジアの主要市場で設備投資を行っており、その容量は全体で約5000メガワットに上ります。特にシンガポールとシドニーは、地域のクラウド展開への関心が高く、2022年までに東アジアとオーストラリア、インド、米国などを結ぶ複数の海底ケーブルが新たに建設される予定です。

詳細はレポートをダウンロードしてご覧ください