Share:

シグナルレポート:不動産投資グローバルガイド2021

David Bitner • 26/02/2021

Signal Report (image)

2020年に引き続き、世界経済、賃貸市場、資本市場は、パンデミックの状況とともに歩みを進めています。状況はいまだ流動的ですが、パンデミックの不動産への影響が最大となった時期はほぼ脱し、明るい兆しが見え始めています。新型コロナウイルスのワクチン接種が進むにつれて、経済の見通しについても楽観が戻りつつあります。資本市場は勢いのある状態で2021年を迎え、低金利、巨額の資本、魅力的な利回り、資産に対する強い潜在的需要など、いくつかの注目すべき追い風が吹いています。また、世界金融危機とは異なり、投資家には底が見えており、各セクターが同期した成長シナリオがあるのではないかと注目しています。

本レポートでは, C&Wのチーフエコノミスト、キャピタルマーケッツリサーチ部門統括者、クロスボーダーキャピタルマーケッツ部門統括者による、2021年の不動産投資の四半期ごとの解説の他、以下の項目について議論しています。

  • ワクチン接種の国際的な進展に伴う今後の道筋

  • 回復を牽引する地域および物件、タイミング

  • デットとエクイティ、資金調達の可能性

  • 金利と取引活動の見通し

  • 世界の投資アイディア

投資家にとっての青信号はいつでしょうか?詳細は「シグナルレポート:不動産投資グローバルガイド2021」をどうぞご覧ください。

レポートのオーディオ版(英語)はこちら:

signal report audio (image)

関連インサイト

Part 3 Workplace Ecosystems (image)
Research • Workplace

ワークプレイス・エコシステムの未来

本レポートでは、投資家、物件入居者、プレイスメーカーのフィードバックを探り、過去の在宅ワーク(WFH)の浸透率を分析することで、コロナ後の世界におけるオフィスの未来について検証します。
David Smith • 21/12/2020
Future of Office (Card Image)
Insights • Office

場の目的:オフィスの歴史と未来

本レポートは、COVID-19が事業用不動産(CRE)業界に与える影響とオフィスの未来について新たな視点を提供する全3回のシリーズの第2回目です。パンデミック沈静化後において、オフィスが従業員や雇用者にとってどのような付加価値を生み出していくかを考察します。

29/10/2020
Global Office Impact (Card Image)
Research • Economy

「グローバル・オフィス市場への影響度調査と回復時期」レポート

COVID-19が事業用不動産業(CRE)に与える影響や将来のオフィスにおける新たな見解を提供する全3回シリーズの第1回目の調査です。オフィスセクターにおける循環的・構造的な影響についての分析の他、予測シナリオや想定される結果についても報告しています。
Kevin Thorpe • 22/09/2020