Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on LinkedIn I recommend visiting cushmanwakefield.com to read:%0A%0A {0} %0A%0A {1}

シグナルレポート:不動産投資グローバルガイド2021

David Hutchings • 26/02/2021

Signal Report (image)

2020年に引き続き、世界経済、賃貸市場、資本市場は、パンデミックの状況とともに歩みを進めています。状況はいまだ流動的ですが、パンデミックの不動産への影響が最大となった時期はほぼ脱し、明るい兆しが見え始めています。新型コロナウイルスのワクチン接種が進むにつれて、経済の見通しについても楽観が戻りつつあります。資本市場は勢いのある状態で2021年を迎え、低金利、巨額の資本、魅力的な利回り、資産に対する強い潜在的需要など、いくつかの注目すべき追い風が吹いています。また、世界金融危機とは異なり、投資家には底が見えており、各セクターが同期した成長シナリオがあるのではないかと注目しています。

本レポートでは, C&Wのチーフエコノミスト、キャピタルマーケッツリサーチ部門統括者、クロスボーダーキャピタルマーケッツ部門統括者による、2021年の不動産投資の四半期ごとの解説の他、以下の項目について議論しています。

  • ワクチン接種の国際的な進展に伴う今後の道筋

  • 回復を牽引する地域および物件、タイミング

  • デットとエクイティ、資金調達の可能性

  • 金利と取引活動の見通し

  • 世界の投資アイディア

投資家にとっての青信号はいつでしょうか?詳細は「シグナルレポート:不動産投資グローバルガイド2021」をどうぞご覧ください。

レポートのオーディオ版(英語)はこちら:

signal report audio (image)

関連インサイト

Reset 2022
Research • Insights

Reset 2022|不動産アウトルックレポート

Reset2022は3回に渡るシリーズで、現在の世界情勢の中でアジア太平洋地域のマクロ経済環境を再評価し、それが事業用不動産投資家とテナントにとって何を意味するかを解説しています。

14/09/2022
tech cities
Insights • Technology

テックシティ: 人材と不動産のグローバルな交わり

今後10年間のグローバルテクノロジーセクターの大幅な成長予測により、世界中のテクノロジー都市は、テクノロジー人材と適切な事業用不動産のハブとして進化し続けます。

このレポートでは、ハイテク都市が主要な人材、不動産、ビジネス環境の主要な指標において、どのようにビジネスをめぐって競争しているかを評価しています。

 
David Smith • 13/09/2022

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドでは、トラフィックの分析および本ウェブサイト上でベストの体験をお客様に提供するためクッキーを使用します。このダイアログを閉じ、お客様の同意を確認されるか、詳細については次のページを訪れてください:
クッキー通知

その他のオプション
同意する
これらのクッキーにより、当社のウェブサイトが期待通りに動作することが保証されます。例えば、ウェブサイトのトラフィック負荷を当社のサーバー間で分散し、使用量が特に多いときにウェブサイトがクラッシュしないようにします。
これらのクッキーは、お客様が行った選択(ユーザー名、言語、居住地域など)をウェブサイトに記憶させ、より充実した機能を提供するためのものです。これらのクッキーは、広告に使用される可能性のあるお客様の情報を収集したり、お客様がインターネット上でどこにいたかを記憶したりすることはありません。
これらのクッキーは、当社がマーケティングパートナーと協力して、お客様が当社のウェブサイトに訪問する前にどの広告やリンクをクリックしたかを理解したり、当社の広告をお客様にとってより適切なものにするために使用されます。
すべてに同意する
すべてを拒否する
設定の保存