Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on LinkedIn I recommend visiting cushmanwakefield.com to read:%0A%0A {0} %0A%0A {1}
2021-2022 Asia REIT Market Insight 2021 - 2022 Asia REIT Market Insights

アジア不動産投資信託市場(REIT)レポート:2021-2022年版

Hideaki Suzuki • 20/06/2022
急成長を続けるアジアのREIT市場を調査したREITレポートが発行されました。全体的に勢いを増すREIT市場についての見解をぜひご覧ください。

物流・産業用不動産投資信託(REIT)は、アジアで引き続き高いパフォーマンスを発揮できるのか?

 

C&Wは 2021-2022年アジアREITレポート を発行しました。本レポートでは、急成長するアジアのREIT市場(中国本土、香港、インド、日本、シンガポール)を調査し、主要な市場ドライバーと現状について議論をしています。

アジアREIT市場は、堅牢なキャピタルストラクチャー、潤沢な金融流動性、関連政策に支えられ、新型コロナウイルス感染症の沈静化とともに、全体的に勢いを増し、物流・産業およびデータセンターREITが従来の不動産セクターより優れたパフォーマンスを示していることも本レポートによって明らかにされています。

主要なハイライト

  • アジアREIT市場は、COVID-19が感染拡大を強める時期においても顕著なレジリエンスを示し、その後の2021年にはニューエコノミーに関連する不動産セクターに支えられ、力強く回復した。
  • アジアにおける産業・物流REITは、他の不動産セクターと比較して最も高いレジリエンスを発揮し、24.7%のトータルリターンを記録した。
  • サプライチェーンの不確実により、事業者が倉庫スペースの備蓄を増すことで需要を生み出している。
  • 成熟したREIT市場では、2022年の残りの期間、M&Aが活発になることが予想される。一方で、発展途上のREIT市場では、さらなる成長の加速が予想される。

レポートをダウンロード External Linkして、詳細をご覧ください。

最新のレポートをダウンロードする
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの2021-2022年版アジアREIT市場レポートは、急成長する同市場を調査し、主要市場である中国本土、香港、インド、日本、シンガポールの主要市場ドライバーと現状について考察しています。
レポートをダウンロードする(英語のみ)

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドでは、トラフィックの分析および本ウェブサイト上でベストの体験をお客様に提供するためクッキーを使用します。このダイアログを閉じ、お客様の同意を確認されるか、詳細については次のページを訪れてください:
クッキー通知

その他のオプション
同意する
これらのクッキーにより、当社のウェブサイトが期待通りに動作することが保証されます。例えば、ウェブサイトのトラフィック負荷を当社のサーバー間で分散し、使用量が特に多いときにウェブサイトがクラッシュしないようにします。
これらのクッキーは、お客様が行った選択(ユーザー名、言語、居住地域など)をウェブサイトに記憶させ、より充実した機能を提供するためのものです。これらのクッキーは、広告に使用される可能性のあるお客様の情報を収集したり、お客様がインターネット上でどこにいたかを記憶したりすることはありません。
これらのクッキーは、当社がマーケティングパートナーと協力して、お客様が当社のウェブサイトに訪問する前にどの広告やリンクをクリックしたかを理解したり、当社の広告をお客様にとってより適切なものにするために使用されます。
すべてに同意する
すべてを拒否する
設定の保存